スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたわれるもの 感想その2

  • 2006/05/30(火) 17:56:14

今回はキャラ雑感です(敵覚えてねえw)

・ハクオロ(白皇)
本作の主人公にして、色欲魔w
とりあえず、ほぼすべてのヒロインとやっちゃってます。
アニメ版とは違ってコミカルな面も多いのが特徴。
だが、決めるところは決めてくれるところはさすが主人公。

戦闘面では可もなく不可もなく、戦闘の主軸になりました。
毎回強制出撃だしね。
また、必殺攻撃(もしかしたら、通常攻撃も?)は、各属性の弱点をつく形になるので、すべてのキャラに対して、数値以上の高いダメージが期待できるというのもポイント。

(以下ネタバレ反転)
育てすぎたせいで、ラストバトルで苦労する破目になりました。
だって主人公がラスボスだなんて。


エルルゥ
影が薄い、本作メインヒロイン。
動物にまで胸が薄いと嘆かれるとはまたw
ハクオロの役割が大きくなるにつれて、かかわりが少なくなっていくのはかわいそう。
戦闘では、唯一の回復役ということで、文字通りの生命線。
彼女がいなければ負ける場面がいくつもあります。

(以下ネタバレ反転)
物語上、伊達にメインヒロインではなかった。
ハクオロがかつて愛した女性、その子孫、時を経ての再会。
ハクオロの正体を初っから知っていた。
契約の関係で素直に気持ちをぶつけられなかったのは、さぞかしもどかしかっただろうな。



・アルルゥ
娘属性!!に目覚めさせられました。
メインだが、ハクオロとの夜伽はない希少な存在。
なんかこう…いや多くは語るまい。
ぜひプレイしてほしい。
戦闘面では、防御力がずば抜けて高いために、壁役として大活躍。
攻撃力も強化してやると敵なしか。

(以下ネタバレ反転)
契約の原因。よくよく考えれば彼女の怪我が物語の発端だろう。

・オボロ
シスコンスピードスターw
メインのキャラにはほとんど負けてしまい、クロウと同列。
後半に行けば行くほど、ギャグキャラになっていくのはなんとも哀れ。
戦闘面では常にレギュラー、それだけの使い勝手のよさがある。
能力知的にはそうでもないが、隠しパラメーターである速さが飛びぬけて高く、順番も早く回ってくるし、移動範囲も広い。
本編とはえらい違いだw

・ベナウィ
若き侍大将。
小うるさい秘書って感じ。
実力者だし出番もあるんだけど…いかんせん影が薄い。
戦闘面では、2マス先まで攻撃できるキャラだが、すでにレギュラーキャラが強いので、出番なしw

・クロウ
気のいいマッチョメン。
ただそれだけかな。オボロとセットでギャグキャラになることも多かったが。
戦闘面では劣化版ベナウィwよって全然使ってない。

・カルラ
破天荒姉ちゃん。
お嬢様口調(?)だが、やることなすこと過激にして強引。
つーか剣奴んも首輪は何ではずさないの?
髪下ろしたときはどきどきした。つーか別人なんすけど。
ずっとそのままでいてください。
戦闘面では典型的バーサーカー。攻撃力の極端さとは裏腹に防御力はさほどない。
後半の術を使うキャラに対してはとことん相性が悪い。


今回はここまで。


スポンサーサイト

森羅万象 花鳥風月

  • 2006/05/29(月) 22:21:43

私の故郷のトモダチが某小説大賞の2時選考をパスして、某誌面に名前(PN)が載ったそうです。(まだ確認はしてないんですが、忙しくて)

自分もそのうち、小説書いて何処かの賞に出そうと思ってる身なので、なんてサプライズ。(無論、応募するのは今やってる行き当たりばったりの考えなしアホ小説ではなくて、きちんと推敲したものを出しますけどね)

先、越されたとか、悔しいとか、そんな気持ちは全然なくて、

ただただ、おめでとう

と言ってやりたい。うれしい気持ちで一杯なわけです。

そりゃ、まだ最終選考(?)もありますから予断はできないでしょうけど、最終選考作品が、実際に単行本化されることも最近では珍しくはないですし。

いくとこまでいってほしいですね

BOUND STRIKER 第2章 第1節  二振りの刃? 

  • 2006/05/28(日) 23:26:07

BOUND STRIKER 第2章 第1節をUPします。


下の続きからどうぞ

ブログランキングに参加中。よろしければクリックお願いします。
c_01.gif

続きを読む

生活に困ってないからって、バイトしないのはどうよ?

  • 2006/05/28(日) 15:09:11

自分のことです


いい加減やりたいなあ、とは思ってるんですが。
最近は大きな買い物なんて全然しないし、お金の減りは普通の一人暮らしにしては少ないほうかな?(極貧生活してるわけではない)

今の家に4月の頭に来て、もうすぐ二ヶ月。
実は、ダンボールの中身とか未だに前の家から持ってきた分が全然整理していません。
床に服が散乱してたり、新しく増えた分の荷物の整理だけで手いっぱいだったり。
ってなわけで、バイトしてる暇はあるんだけど、部屋の片付けが終わってなくて、する気になれないんだよな。
もちろんそれは、甘えであることはわかってはいるんだけださ。

涼宮ハルヒの憂鬱 TV版 大雑把感想

  • 2006/05/27(土) 23:12:32

原作は一応「憂鬱」と「消失」は読了。

今自分が住んでる地域ってのが、また微妙な田舎で、この作品は、相当広い地域で見られるはずなのに見られない、という状況だったのであれだったんだが、この度ようやく視聴できたんで、とりあえずの感想を。
(そこ!小説の時間稼ぎとか言わない!!)

実は、元々この作品は食わず嫌いというか、なんとなくとっつきにくかったわけだ。その理由ってのが、原作のイラストが「いとうのいぢ」でハルヒ役の声が平野綾 長門役が天上天下で棗亜夜役を茅原 実里 ってことでかなりの食わず嫌いだった。(いとうのいぢに関しては、なんとなく自分がマイナー志向であることが原因 平野綾に関しては生理的に声が苦手 茅原 実里に関しては棗亜夜の演技がハンパなく浮いてたので嫌いの一だったから)

でもネット上の評判がすごくいいし、友人も結構薦めてきたわけで、実際に視聴してみることに。


面白いじゃねえか

いや、何事も食わず嫌いはいかんですね。
とにかく絵が動く動くw。 クオリティが全編通して高いのなんのって。
で、中身がないかって言うとそうではなく、豊富なパロディなどの遊び心も満載だったり。
またキョン役の杉田智和氏の演技がすげえいい味出している(個人的に大ファンである声優さんの一人だ)

BOUND STRIKER 1章 カウントダウン?

  • 2006/05/26(金) 03:14:11

BOUND STRIKER 1章 第5節をUPします。


下の続きからどうぞ

ブログランキングに参加中。よろしければクリックお願いします。
c_01.gif

続きを読む

BOUND STRIKER 1章 カウントダウン?

  • 2006/05/25(木) 18:09:11

BOUND STRIKER 1章 第4節をUPします。


下の続きからどうぞ

ブログランキングに参加中。よろしければクリックお願いします。
c_01.gif

続きを読む

小説書くのってムツカシイよね(+ついでにタイトル決定

  • 2006/05/24(水) 22:44:37

いやあ、筆が進まん進まん(汗)

一応、大まかなプロットとか頭にあるんだけど、自分のタイピングの遅さも手伝って、遅いの何のって。

頭にぷわぷわ浮かせてるものを出力するって言うのは結構だめなことなのかも。

こうして書いてると改めて、物書きって言うのをお仕事にしてる人たちはほんとにすごい。端的に言っちゃうと怪物だよなあって心の底からそう思う。

無論あの人たちは、自分とは比べ物にならないくらい文章を書いているわけで。

同じくらいの年で多少の欠点をセンスで補っている人もいるんだけど、
そういうセンスには時折、かなりの嫉妬を覚えたり。


え?とそれから今までForce(仮題)としてきた小説ですがこのたび正式にタイトルを決定しました。

BOUND STRIKER(バウンドストライカー)です

今はまだぬるい学園ものですが、2章にはいるとがらりと(?)物語が変わります。(予定では)

BOUND STRIKER1章 カウントダウン?

  • 2006/05/21(日) 20:16:41

Force1章三節目をUPです。

下の続きからどうぞ

ブログランキングに参加中。よろしければクリックお願いします。
c_01.gif

続きを読む

BOUND STRIKERについて

  • 2006/05/21(日) 16:55:02

BOUND STRIKERという作品は、私TOKIOが書く、

ベタでベタしょうがない登場人物たちがベタでベタな熱いなにか…を繰り広げる内容の作品です。

まあブログの内容を見てもらえば、大体何なのか察しがつくかと思われます。


自分はベタで熱い王道ストーリーというやつが大好きです。
某サイトの方の言葉を借りるなら「三度の飯より「直球ど真ん中160/kmのジャイロボール」的な展開」が好きです

使い古された感のあるそれは、綿密に作りこまれたものであるものならば、
いつだって我々の心の琴線を震わせるものなのです

無論、ベタな王道ストーリーにも「上っ面」だけのような作品もありますけどね。

でまあ、そんなわけで、じゃあ自分で作ってみろよっていうのが本作品です。
ここまでで、なに書くのかほとんど、言っちゃってるなw




BOUND STRIKER 一章 カウントダウン?

  • 2006/05/21(日) 16:16:44

更新遅れすぎだぁ…

創作小説Force(仮題)をUPです
下の続きからどうぞ。

ついでにこちらを推していただけると、うれしいです。c_01.gif



続きを読む

BAMBOO BLADE 第32話 「ミヤミヤとレイミ」 感想

  • 2006/05/21(日) 14:09:11

更新サボりすぎだ

いや、ほんと申し訳ない。遊んでました(汗)

ツーわけで青年誌の自覚まるでナッシングの付録つきヤンガンに腹立ちながら、今回の感想。

(ここ伏せ字)
外山登場なんていってごめんなさい



・タマちゃんがバイトで笑顔を出すようになりました。序盤は平時でも笑顔は出なかったんで、かなりの進歩(?)じゃないか。
ちなみに、店長が持ってた(そしてタマちゃんが)鞭っぽいのは、ハタキでした。(ここ大きくするとこじゃないだろw)
・店長いい人、そしてミヤミヤの見解はそのとおり。若いっつうかは幼いもんな(っていうかロ(ry

万引きはだめですよ、万引きは!


…でまあ、万引きしやがったいけ好かない女郎、これが新キャラです。しかもミヤミヤがらみです。
おそらく剣道部五人目、まだ見ぬグリーンじゃないかなと。タイミング的にここしかないじゃないか。大会近いし。


サヤのときといい、タマちゃんバイトのときといいミヤミヤ最近は出番多し。
さてこの二人の関係は・・・予想としては
1.かつての恋敵(無論相手はダン)
2.百合w
3.ストーカー
私の陳腐な頭ではこれが限界です。たぶん全部違います。

つうか黒いよね。こんな知り合い持ちたくないけど、昔いたような気がするな。
表向き優等生でおしとやかっぽいんだけど。デザインはサヤ没verがベースかな(どっかで見たことあるなっておもったら上等屋さんの記事見てやっと気がついた)


・タマパパとダンは同じ誕生日でした。
タマちゃん,DVDはあきらめましたw。



そういえばダンって剣道の練習中に限っては等身戻ってたな。まあそうじゃなきゃ試合にならんかw

ハンターハンター読んでみた。

  • 2006/05/17(水) 07:43:02

ネット上では(特に2chか?)マテリアル・パズルはHXHのパクリ(信者意見)という声がある。
週刊マンガは基本的に連載読めば満足するタイプなので、tコミックス(掲載時からの大幅修正)は読んでおらず、そんなこともねーだろ、とか思ってました。
機会があったのと個人的興味で、GI編のVSボマー戦?GIクリアまでを「単行本」を読んでみた。

ほんとだ、マジで似てる

トーンをあまり使わないとか、白っぽいとか、なんとなくその作画全体の雰囲気が。
ただ土塚氏は最近トーンを結構使い始めたし、原稿落とさないw
なにより、両者のスタンスは決定的に違うしね。

まあそれで、なんでHXHのほうが売れるかっていうと、週刊誌という媒体、絵柄がややHXHのほうが柔らかい(コミカル時とシリアス時の差は激しいけどね)とか頭脳戦がうまいとかね(単行本で追わないとわからないほど難解な設定のときもある)などなど。

マテリアル・パズルに限らず、世に知られざる面白マンガは本当にごろごろしてる。

ただ、面白いマンガと売れるマンガっていうのは必ずしもイコールではなくて、読者がマンガに求めるカタチというのも千差万別。

売れるマンガは早々に買わない自分じは隠れた面白いマンガを追及していこうかなと

続きを読む

BOUND STRIKER1?1 カウントダウン

  • 2006/05/16(火) 01:11:38

というわけで創作小説Force(仮題)をUPです
下の続きからどうぞ。

ついでにこちらを推していただけると、うれしいです。c_01.gif

続きを読む

マテリアル・パズル 第99話「万象の杖とドラゴンスフィア」

  • 2006/05/13(土) 21:08:49

七位はカミッツ・・・ぶええええええーーー!!!!????

轟天乱馬にあの文字が・・・wwww
まさかサンが6位以上ってことはないよ・・・なあ?



冒頭からバトル開始。
いきなり矢が来て何事かと思ったw
前半はミカゼが、後半がリュシカがそれぞれ活躍してたなあ。


周りがシシメの存在に気づいてないってのは正直どうなのか。
ほら、「万象の杖」って大層な名前の技を久々にあったら習得してたら変って思うだろうに。少なくとも一人で思いつくような技ではないはずだけどなあ。

それはさておき、罠の数々を森のスペシャリスト二人(一人と一匹)によって無傷で抜けたミカリュはいよいよシャルロックと対峙。
こっからはテンポいいなあ。
シャルロックのMP「ドラゴンスフィア」はあらゆる物を丸く封じ込めるというもの。
その辺の岩山もドラゴンスフィアによって球形に!
それによってミカリュを轢き倒されたかに見えたが、すばやい身のこなしミカゼには通用しない。
そしてすかさず、必殺の焔弧!・・・がドラゴンスフィアによって作られた空気のボールで防がれてしまう。
これは、焔弧が弱いとかじゃなくて、相手が一枚上手ということだろう。
ちなみに焔弧のを撃つときミカゼの手に周りが光っているから、たぶん魔力による攻撃なんだろう。得意な足技よりも破壊力があるんだから、魔力が付加されてるということだろう。

「ドラゴンスフィア!!万象の杖!!」
このページは迫力あるなあ!
万象の杖から受け流された力は、足から放出されて、地面を球形に。
こうゆう抽象的な力も流せるってことは氷とか炎でも有効なのかもしれない。

だが完全には受け流せなかったようで、内側に力がこもってしまい万象の杖が使えないミカゼ。
ドラゴンスフィアは、物理的にも魔力的にも丸めて封じてしまう。

またもや
武闘派キラーですよ

相性悪いため一目散に逃げるミカゼ。リュシカまでシャルと一緒になって追いかけてるよw

池に落ちてしまうミカゼ。そして水を丸くされてその中に封じられてしまうミカゼ。ほんとうに「なんでも」だな。

そしてとびかかって止めが刺されてしまうその刹那

へっくし


ぶえー!!!???


ここでヘル=ストームですよ。構築速度は?パンより早いんだろうな。
そして選手交代。

エンゼルフェザー「カレーパン」見た目的にはクリームパンに電撃のついたエフェクト。

ギャグっぽい名前だけど・・・威力は・・・ドラゴンスフィアも無効化し、シャルロックをたたきつける!!
そして鬼のような連射!!


おいおいリュシカのインフレがハンパないんだけど

空も飛べるし、相手のレンジ外から、無傷で勝てるんじゃないか!?

そして、砂煙の中から現われたシャルは・・・成長してました

そりゃミカリュもギャグ顔になるわな。

属性「餌」はシャルがエンペルドラゴンを食べたから。
たぶん、エンペルドラゴンの意思なんだろうな。


これは来月じゃ終わらんよな。ミカゼVSエイキですら4話かかったし
それ以下ってのは第2段階にはふさわしくはないし。

今回はスピード感あふれるバトルだったな。
どうやって収拾つけるかな?

BOUND STRIKER 序章 

  • 2006/05/13(土) 01:18:48

え?とこれから小説を書いていきたいと思います。

ジャンルは・・・未定です(汗)バトルものが一番の候補ですが・・・

それでは下の続きからどうぞ

続きを読む

マテリアル・パズル 第98話「戦士と休息」感想

  • 2006/05/12(金) 22:09:13

なんかタイトル違うかな?まあそれはさておき。

プリセラ別人やん!!変なトーン使うな土塚。所長さんも言っていたが、やはり絵の変換期か。しかし8位とは以外だ。
やはり出番のなさが原因か。世界最強の妊婦さんがついに公式に。

今回はショートマンガ数話で構成されるという特殊な話だった。
いろんな伏線の回収に徹した会だった。

ここへきて、三十指の半数が、離反、捕縛、死亡で使用不能に。
一巻につき一人やられている計算だ。
女神様のために戦い、敗れることで、女神に対する、ある種強迫観念がなくなり、また空っぽになるとのこと。

五大石はちゃんと回収されてました。んで城周りの結界強化に使われるとのこと。くすねる気でいるバレットはやはりしたたかだ。

久々にミカリュコンビだ。この二人は立場的にサポートだったんでコンビでいることが多かったが・・・今回は合体必殺技でシャルを撃破しそうな予感。
シシメの復讐は所詮は獣レベルってことで一応は伏線回収かな。

かわいいぞシシメw

命七乱月入手後のミカゼ予想絵がバックに描かれていたのは、やはりミカゼ優勝の伏線か。

使用人は帰省することに。
私服のマルチーノがかわええ!!!

でもそのかわり、リィさんの荒れ様はなんだ・・・いい加減安定させてくれ。
斬り裂き魔はやはりマルチーノかな。港で捨てられていたところを城で働いていた育ての母に引き取られたということが、出生が不明の詳細。その母はもう死んでいる。うん、空っぽになる理由も十分だ。
母親が死んでから、すぐに城に働けるとは思えないので、やはり空白期間が在ると考えるのが自然だ。となるとコルクマリーは彼女の隠れた人格という扱いか?女性を殺すときだけ存在するといっているし。

さらに理由を挙げるなら、土塚氏はしっかりと伏線を張るタイプであり、今回のようにショートストーリーは伏線張りに最適。ここで護衛組みのパンナとハワードの話が出れば、また違ってくるのだが、マルチーノがここでくるということはやはり・・・城の結界外だし、四閃三獄も発動可能だ。

久々のメイプルソン登場。すっかり立ち直って気のいいお兄さんに。
空っぽになるということは、新たに人生を始めることができるということだ。
そして語られるメルチナの過去。コモレビのは・・・たぶんおまけファイルのみの記載だろう。久々にいい話だった。メルチナの涙に乾杯。


ってピィゲルが場をぶち壊したーー!!
こいつはほんとにアホだな。なぜこんなに変わってしまったんだw




PCゲーム「うたわれるもの」 感想その1

  • 2006/05/11(木) 18:34:42

アニメではいって、原作をやったのはこれが初めてではなかろうか?
というぐらい気に入った「うたわれるもの」

友人のつてで手に入れて、プレイして、クリアしました。

エロゲメーカーのLeafが普通のAVGのみならず、シュミレーションパートもあるという作品を送り込んできました。下手すればクソゲーになっていたかもしれないという意欲作です。
なっていたかもしれないということなので、ちゃんと名作指定ですよ?

シュミレーションパートは、なかなかに作りこまれており、連撃のシステムもあり、手軽に楽しめる難易度も相まって好印象
DVD版は通常難易度のほかに3段階のハードモードもあります。
(物足りない人はこちらでどうぞってことです。システム的にもハードモードのほうが充実してます)

物語は一本道なので、選択肢はあってないようなものです・・が、特定のCG集めでは、決まったパターンを選択しないといけません。

ストーリーはやっぱりよかったですよ。伏線はしっかり張ってるから後半の超展開にも違和感はなかったし。ただ、終盤は少し性急過ぎた感があったような。前半のトゥスクル国建国まではマジで最高。

ってなわけで次回はキャラ雑感などを書いていきます。

今月のMPのネタバレ

  • 2006/05/10(水) 23:13:52

ネタバレ注意!!

(反転させてね)
2chよりの転載

前半
メモリア魔法陣第2段階までの三週間。
30指、既に15人が死亡や離反で使用不能。
メモリア城、ウォーブール国から借りた五大石で結界強化。
魔法陣が終了するともう邪魔なだけの王族を消し去るためメモリア城は
戦火に見舞われるだろうからと王の命令で城の人々避難。ジンナさんは残る。
マルチーノはリィの家でお手伝いさん。
ミカゼとリュシカ特訓。
太陽丸が脱落したことを知らないシャルロック、一人で必死に特訓。
負けた30指で生きてる連中は魔法取り上げられてメモリア城第13棟に集められていた。
黒魔とドルチルはどっかからいつの間にか紛れ込んでいた。
切り裂き魔の情報を纏めるライト。何の説得力もないサン。
メルチナ、30指になった理由を語る。ピィゲルの魔法外し忘れでタライ発動。

後半
第2段階第2戦。
シャルロックの魔法は何でも丸くするドラゴンスフィア。
丸くしたものの動きを封じる。
池に落ちたミカゼを周りの水ごと丸く固めて捕まえるが
リュシカヘルストームで吹っ飛ばされる。
リュシカのカレーパン、クリーンヒット。元々丸いモノは丸く出来ない。
エンペルドラゴンを食ってマテリアルパズルを手に入れたと語るシャルロック、
倒れて土煙の中起き上がったら成長してた。
以上。

おいおい、リュシカが勝っちまうんじゃないか!?

BAMBOO BLADE 第31話「コジローと新たなる目標」 感想

  • 2006/05/03(水) 20:55:07

・そして告げられる宣告
再就職って・・・つらいよね

・扉絵
キリノとサヤ、そしてネコ。
バンブーのムードーメーカーの二人か・・・
煽りが「悩み多きお年頃」ってなってるけど、サヤはともかくキリノは悩みなんてなさそうなんだが、そこらへんどうですか、みなさん(誰に聞いてる)

・未知数の才能
当初は単なる数合わせとダン(栄花団十郎)とミヤミヤ(のバカップル)だが、実はかなりの素質を秘めていることが判明(特にダン)
・・・となると、マジな試合ではダンのデフォルメは解除されるのかもしれない。

・優等生軍団
1学年390(2年は400人)人中 キリノ20位 ユージ4位 ダン(驚愕の)2位

なんだこいつら、ありえねえw

うん、タマちゃん疲れてる

うおっ!?なんだこのボケボケタマちゃんは。めっさツボなんですけどw

・そして動機は寿司から生活へ
なにやら奥様連合のせいでクビになりそうなコジロー。これコミカルな描写だからいいけど、実際はかなりえげつない・・・
全国目指す理由としては、練習試合のとき同じで、不純っちゃあ不純なんだけど、切実さは段違いだし、部員たちもことのほかやる気あるし、いい感じだ。
なんかバンブーでは清杉ではやれなかった「まじめな」全国大会をやろうとしてる感があるな。

・バイト中のタマの前に現われたこの人物は

十中八九(まちがっていやだから伏字)外山だろうな。


うたわれるもの 第5話感想

  • 2006/05/02(火) 07:28:35

原作は18禁(?)PCゲームで未プレイ。
一般的にこうした逆移植系はアニメというやつは、ハズレが基本なわけだが・・・これに関してまったくの例外。
文句なしの名作決定。

やや展開が性急に進むが、限られた短い尺ではそれも仕方なし。
それでも丁寧かつ綿密に作られているためよしとする。
豪華声優陣(名ばかりではない粒ぞろい)の演技もすばらしい上、
作画レベルが各話高いときたもんだ。恐れ入ります。

今回は、戦力増強の根回し、オボロ勢参入、ベナヴィたちとの小競り合い、といったシリアス展開に加え、エルルゥ百面相といったコメディ展開も充実、そしてそれらのバランスが絶妙。
いやはや、昨今の量産されるやっつけアニメの中にこういった隠れた名作が出るんだから、まだまだ捨てたもんじゃないよなあ。
次回も楽しみ


ちなみにGWはしばらくPCから離れるので、更新はしばらくお休みです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。