スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパロボZ日記(2)

  • 2008/09/30(火) 18:59:54

軽くネタバレしてるんで(38話ぐらいまで)


続きからどうぞ。

こんなに殺伐sしててカオスなのはEX以来かな?

スポンサーサイト

続きを読む

スパロボZ

  • 2008/09/26(金) 21:08:35

昨日ゼミ旅行から帰って、ようやく今日買うことが出来たスパロボZ
今ガンガンプレイ中。

最初は女主人公のセツコルートで進めようと思います。
理由は
1、シンに主人公波の活躍をさせてあげよう
2、というかセツコだとラクシズは基本的に敵
3、よしフルボッコ。
4、グラヴィオン出るのか、なおさらこっち。
5、セツコ、それドロップやない、おはじきや。


と言う感じです。
せっちゃんはびっくりするほど、強くないのですが、どうも後半はイベントで化けるっぽい。

というわけで更新が遅くなるかもだけど、よろしくでーす。

マテリアル・パズル 彩光少年(1) 感想(暫定)

  • 2008/09/22(月) 22:46:57

おお、アクセスが上がってる!
ふふふ、みんな発売された単行本の感想を待ちわびているに違いない!(えー

というわけで行くぜ。

今回はアマゾンも最初から、画像有りです。よしよし


マテリアル・パズル~彩光少年~ 1 (ガンガンコミックス)マテリアル・パズル~彩光少年~ 1 (ガンガンコミックス)
(2008/09/22)
土塚 理弘

商品詳細を見る



まず最初はミカゼが語りの1章2章総括。
メモリア魔法陣に対する供述の少なさに泣いた。ミカゼ、お前はそれでいいのかw?

次の話は、1巻から名前がでていたにもかかわらず、連載開始から6年たった今初めて姿を見せることになった魔神ジャンクーアの話。

外伝のこの話は、メモリア魔法陣より5年前って設定だけど、連載開始が(連載当時は確か)5年前になるということでそれとあわせたんだろうね。
土塚が描きたかった話だったというだけに、土塚さんとしては異常とも形容すべき気合いの入った作画クオリティ。ジャンさんはほとんど崩れてないという。
ちなみに渾名が魔人→魔神になってるね。
最強の三十指というだけあって、魔法レベルは他の5本の指が99なのにかかわらず、ジャンさんだけは120という限界突破。
最強で、医者で、2児の父という、これまたすごい設定の持ち主です。じらされただけはあります。

そして牢獄の島というのは、別に魔法結界があったりするわけではない、辺境の島。
ジャンクーアにとって、船がないとか人食いざめがたくさんいるとかは今日にはならないはず。
しかし病が島中に蔓延しており、医者も病に倒れた島で、事実上唯一の医者であるジャンクーアは島の住民を見捨てていくことはできないだろうというアダラパタの計略だった(たぶんウイルスばら撒いたのはアダさんでしょう 第2章での人口操作の話もあったし)。
それでコルクマリーが来るまで、見事5年もジャンクーアを足止めさせてんだからさすがというか。
そして罠とわかっていながらも、悪態つきながらも、人々を助けずにはいられないジャンさんに惚れた。



次の外伝「道を行く」ガンガンにMP・清杉。BBの3作品が同時に載るということで一つの共通テーマを持って描かれた話。まあ別段語ることもない話だけど、扉絵のアクアかわいい。
テーマはまあわかるよね? 


そしていよいよ彩光少年第1話。
ティトォたちは負けたという衝撃の入りからスタート。
やっぱメモリアさんかわええ。
アクアはせっかく新コスチュームなのに、本編でその姿を見せるのはわずか二コマだけなんだよね。
結局この彩光少年も、基本的にバトルしたのはプリ姐さんだけだしねえ。(だから表紙がプリ姐さんだし。いままで出番が少なかった反動もあるけど)
「不老不死の3人の物語」に一応の決着をつけるためだけの話とはいえ、他の仲間が空気なのが悲しすぎる。ジルさんにいたっては2巻で書き下ろしが追加されてないと・・・
ミカゼにいたっては命七乱月持ってるから、立場上は三大神器やMPティトォと同格だっていうのにw
そういえばティトォも地味にコスチューム変化してるね。ほんとに地味だけど。
リュシカはもう描き方忘れてんだろうなあ・・・なんか全体的にイマイチだ。元々安定感のないキャラではあったけど。

んで、ティトォだけ引き離されてプリセラに変換させられてブライクとお一騎打ちへってところで次回。



そして間をはさんでまた外伝。
今度は三大神器の過去話。ブライクVS真紅虎龍牙に笑ったw
アロアはヤヴァイ。かなりいっちゃってる。
ついでに女神の組織の解説もあった。
そういや三十指って超特級戦闘員って設定だったね。作中では出てこないけど、それ以外の構成員がいてもたしかに不思議じゃない。
そしてそんなところまでやってたら、月刊ペースじゃ遅くてしょうがないっていうね。
あと三十指ランクABCっていうのは単純に戦闘力か。
だとするとAランクが多すぎるよね。第2章の三十指はほとんどAだし。


そして2話目。当時の感想は→こちら
どっかであった告知どおり、プリセラとブライクの戦闘シーンのページ入れ替えがあった。
でも前のときでもあんまり違和感なく読めたんだよね、おれ。
しかしまあ、土塚はちゃんと意図的に巨乳描けるようになったんだなあ。(えー

お腹の文字全画消去でプリ姐さん全開。すさまじい威圧感を放ちながらも顔は穏やかという、これなんて明鏡止水?
んでブライクぶん殴るところで次回。

そして本誌にもあった長文をはさんで、来月開始のゼロクロイツのネームとメインキャラの設定画がのっていたりする。
ネーム部分みてすでに笑える。 これは見てもらったほうが早いけど、土塚の中では本当にパンダブームが起きているんだなw(パンダムーブついては後日清杉の感想で)
あとこのネーム見てあれ、ゼロクロイツかと思ったらSBR?なんて考えがよぎってしまった(共通するのはレースだけだろw)

さてキャラの設定画のほうは見た感じは、ガンガン色にも合ったオシャレ系という感じで、男は美形で女の子はカワイイ。
いくつかのバリエーションを見せているので決定稿はどれかはわからない。
女の子の方は軒並み胸がそこそこ大きめなのに、一人だけロリでツンデレっぽいのがいたwww

若者に関してはもう気にしなくなったけど、これでオッサンやじじいが上手く描けるかが問題だね。
そして絵柄がキレイなほうなだけに逆に誌内で埋没してしまわないことを祈る。
あと出てくる動物が、思いっきりチョコボじゃねえかwww(伊達に出版社がスクエニじゃないねw)



でもやっぱ特筆すべきはやはりロボ

プロヂューサーさん、ロボですよ、ロボ!!

フォルムとして甲冑がベースといいますか。
ゼロクロイツでほかの人の作画を起用した最大の理由はやっぱりこのロボでしょうね。


土塚さんじゃ、メテオンだもん。


そういや今のガンガンじゃ、こーいうロボはいなかったものね。


っていうかロボが前面に出てたらマテリアル・パズル(魔法)は果たして出てくるのか・・・?



あと、表紙だけどやはり見栄えよくなった。単純に絵柄や彩色の進歩もあるけど、やっぱりデザインを変えたのが大きいよ。
裏表紙も、前はアイテムだったけど、彩光少年はジャンクーアだし。
でも入荷数は清杉のほうが多い感じだね・・・(漫画喫茶でも清杉はあるけど・・ってパターンが多いし。・



しかしまあ、MPもそうだけど、清杉のほう見てると土塚さんの作品に対する発言って他の漫画家に比べてもかなり多いような。それでいて作者自身の露出が少ないから、結構謎。
でも清杉の作者コメントを見てる限り、やはり少々変わった人間のようだ。(よく倉田さんにあんなこと出来るな・・・)

明日からゼミ旅行なのでとりあえず今回はこの辺で清杉はまた後日。l個の記事にも画像もう少し入れて修正いれるかも。


やっぱりおもしろいよね、清杉は。流血は大分少なくなったけど。
清村くんと杉小路くんろ 1 (ガンガンコミックス)清村くんと杉小路くんろ 1 (ガンガンコミックス)
(2008/09/22)
土塚 理弘

商品詳細を見る



今日のコードギアス 簡易感想

  • 2008/09/21(日) 20:36:06

小兄ちゃんが小物化したと思ったらラスボスはナナリーだったからか。

まあそれはそれとして、なんとかラストまでこぎつけましたので後はもう大丈夫ですよと言わんばかりに、構成や演出がきれいにまとまったいて素直に面白かったですよ。

皇帝が過去を、小兄ちゃんは現在を、そしてルルーシュは明日(未来)を目指した。
そのスタンスの違いが結果としてルルーシュが勝利した要因なのでしょうね。
停滞する二人と違い、明日を目指すルルーシュは成長できますから。

とはいえ、戦況はブリタニア軍がほとんど壊滅するところまできているよね。黒の騎士団もエースのカレンを残すのみといった感じで。しkし主要なサブキャラがほとんど生き残ってるというのは以外だな。
死亡フラグを立てられた人々がほとんど生き残ってるものな?。

まあここまでかなり急展開でいろいろ端折ってきた物語も次でラスト。
Aパートで決着をつけて、Bパートでエピローグってところかな。

BAMBOO BLADE 第80話 TVとCM  感想

  • 2008/09/19(金) 21:02:32

カラーがあるときのみ本誌を買う法則より、実に数ヶ月ぶりの記事としてのBB感想です。


調理実習でオレンジタルト・・・?
そんな手の込んだものを作る時間なんてあるのだろうか?

そして見開きでタマVSウラの構図。

いや、剣道そんな競技じゃねえから!!(詳しく知りたい人は、本誌読んでね)


タマちゃんのオタ友がカラーをゲットしています。何気に初。つーかいたのかオタ友。
TV出演の噂をどこから聞きつけたクラスメイト達に囲まれて戸惑うタマキ。
応援するとの言葉にテレながらも「うん」と返すタマの表情はもう絶品だね。

そして依頼が来た熱血バニッシュ学園の内容といえば・・・
よくこんな番組が続くよなあ・・・っていうか宣伝で半分以上ってなんだよw

しかしこの合間に出てくる、こういう形のデフォキリノは初めてだなあ。
かわいいとコジローにいわれて喜ぶ姿は筆舌に尽くしがたい。コジキリは土塚の中でもスタンダード?

そしてたくさん出てくる芸能人の名前がわからず、微妙についていけないタマキ。
共感得ているおれはもうだめだ(汗
高校まではそんなことなかったんだけど・・・やはり環境は人を変えてしまうのだろうか。

そして相変わらず榊ウラのキャラはなぞ。
立ち居知的にタマキのラスボスになるのは明白なだけに、焦らされてるのが悔しい。
散々カラーとかにはなってるのに。


そして9巻の表紙は順当にミヤミヤ。近本っちゃんじゃなかったのかたぬきーーーー!!??
つーか艶っぽすぎてもはやこれ高校生じゃないぞ(ファンを敵に回す発言だなw
今巻のキャッチフレーズは、「全力で闘ったこと―ありますか?」だってよ。
遊びのつもりがいつの間にか本気なんてよくあることですが何か?
ピンクだし、やはり艶っぽい。



さて9巻は、つい最近までやってたVS鎌崎高校です。

なにより今回は、僕から大変なものを盗んでいった近本鳴海嬢の活躍する巻だけにいまから楽しみ。

伊達によたくさんに近本を描いてもらっているわけじゃない☆ZE

しょうがねえじゃん! ちょっと不良っぽい集団にありながら、比較的マジメな娘っていうのがどツボなんだからよ!!
最後に出てきたポニテの近本はやばかった・・・

そういや、よたくさんがショートの近本っちゃんを描いてたなあ(入り口入ってすぐ)?あれもよかったな?(お前もう近本なら何でも良いんだろ)


そして気になるのが作者コメント

そろそろ連載が4つにさせられそうです。マイペースにがんばります(土)

・・・・・・・・・・・・・・?


そろそろ連載が4つにさせられそうです


そろそろ連載が4つにさせられそうです





おいwwwちょwww待て土塚www。


連載3本抱えてるのに、まだ増えるのかwww
しかも編集サイドからのアクションなんだろうな・・・
重宝されてんのか便利に使われてるのか。

どうせ色気はないネームなんだろうけど・・・連載はどこでやるんだろう?
考えられるのは、パワードかオンラインのほうかな? あたらしく立ち上げられるやつ。
可能性としてはこっちだなあ。
の割りに宣伝されてねえしwww. まあ10月開始とはいえ、すぐ二と言うわけではないから、ガンガンの発売日でも間に合うんだろうけど。



ついでにいうとヤンガンに連載されるフダンシズムに初めて大爆笑。 
コスプレにニセも何もあるかーーー!!というセリフがどツボにはまった。
そりゃ確かに新手のコントにしか見えないよね



スパロボZの主題歌を聞いてみた。

  • 2008/09/19(金) 19:07:58

マクロスFの展開にやきもきする今日この頃。


いよいよスーパーロボット大戦Zの発売が近づいてまいりました。



スーパーロボット大戦Z 特典 スーパーロボット大戦Z Premium Z Disc付きスーパーロボット大戦Z 特典 スーパーロボット大戦Z Premium Z Disc付き
(2008/09/25)
PlayStation2

商品詳細を見る


今回は主題歌も同日発売だそうで、じつに気が利いています。

Crest of“Z’s”Crest of“Z’s”
(2008/09/26)
JAM Project

商品詳細を見る




某所で聞いた感じでは・・・非常に明るい曲だなと言う印象。
さあいくぜ野郎ども、いかりをしまって帆を揚げろってな具合です。
そして難しい。一発ではコピーできやしない。
梨香ねえさんが休業中のJAMとしてはこれが初めてのシングルになるんでしょうかね?

カラオケではぜひ、合いの手でそぉい!といって欲しいものです。

ただ今回、フラゲできないんだよぉ・・・
ゼミ旅行とかぶっててさ・・・
あ、BBの発売ともかぶってるな・・・いつも通り、メイトやらとらやらゲマズで特典着くので、やはり大阪に行くのは確定かな・・・一刻も早く進めたいところではあるけど。

9月末は色々買うもの多くて困っちゃうぜ。


岸和田だんじり祭りに行ってきた

  • 2008/09/15(月) 00:45:41

ガンガンの発売日、つまりはマテリアル・パズルの感想記事を乗っける日に限り、
このブログのアクセス数は実に通常時の5倍以上の数値を叩き出す。


土塚系サイトを公言している身として、この姿は非常に正しい。



とはいえ、それじゃあ通常時があんまりじゃねえかと言うことにもなっているので、最終的には、2倍程度まで薄めていきたいものである。

さて、タイトルどおり、大阪の岸和田市のお祭り岸和田だんじり祭りに行ってきました。
うちの母の大好物です(マテ
なんせ、普段は慢性疲労に苦しむ母が、このときばかりはタフな女に変貌するのですから、その祭LOVE度は推して知るべし。
年々観光客も増えているらしく、外国人観光客も多く見られるようになりました。


僕自身は、それほど好きではないのですが、親と祖母への顔見せをかねて遊びに行きました。(一泊二日)

結果はまあ、漢たちと姐たちの、そして母の熱い魂が見られただけでした。(あくまで母は見物客ですけど。

いや、でも今年は、特に人が多かった気が。動けねえよ。
やはり興味がないものにはダメなのか、久々に人酔いしたよ。(コミケにもいった男がねえ・・・


そして境界線上のホライゾンをじっくりたっぷり読む時間があったので、、ようやく、物語を把握。
次巻が楽しみだぜ。

なんというルーツ

  • 2008/09/13(土) 16:20:01

if you were hereという曲をご存知だろうか?





どのゲーセンにいっても絶対置いてあったDDR全盛の2nd mixに収録された、哀愁ユーロとも呼ぶべきその旋律で、高い人気をを誇っていた曲である。

さて、歌い手はJENNIFERさんらしいが、検索には引っかからない。

そして色々当たっているうちに、とんでもない事実にぶち当たる。


作曲、高瀬一矢(I‘ve)



!?


なんとダンスマニアにも収録されたこの曲がなんとI‘veサウンドだったとは誰が思うだろうか。
I‘ve結成前の活動で別名義のときに作られたそうだ。

そいでその歌詞も小室みつ子という・・・

そりゃ俺好みだよね・・・

DDR2ndmixのころなんて、おれはオタクでもなんでもなかったんだぜ?
それがまあ好きだったあの曲がまさかI‘veサウンドだったなんて、すでに未来は決まっていたのかw


ということは、JENNIFERの正体は、高瀬さんとI‘veサウンド前から音楽活動をしていたボーカリストで英語が上手い・・・
そう、I`ve最古参のあの人だwww


今更なにいってんの、常識だよ・なんていわれても仕方ないが、あまりの驚きに思わず記事にしてしまった。
人に歴史有りって感じだ・・・

マテリアル・パズル 彩光少年 最終話 感想(完成)

  • 2008/09/11(木) 20:21:43

いや?さすがに面白ですわ。
でもね

バイオハザードかよ!?

とつっこんだのは俺だけだろうか?

発売日も過ぎたので解禁するよー。





「マテリアル・パズル ゼロクロイツ」 11月号より連載スタート!!




って4章じゃねえええええええええええええええええ!!!!!?????

さすがに1年やったらから4章くるだろうと思ってたから完全にやられたよ。

彩光少年の1話を見たときから4章で大過去をやるんだろうなってのは想像ついてたけど、まさかそれを0章として、しかも作画は別の人って・・・

土塚はどこまでフリーダムなんだwww(もはや笑うしかない。
いや、実際土塚のポジションでここまでなんか好き勝手やってるってのは相当異質な感じがするのですよ。

さて、それでは本編感想いってみましょうか。

MPティトォとクゥがついに対峙。
ここで、星のたまごをティトォたちに与えたのはクゥであることが判明(まああんだけ伏線あればね。
そしてTAPの本当の体を保存していたクゥはティトォらの魂を元の体に戻すことにより、MPを解除させ、同時に、元の体に戻ったことで、それまで鍛えてきた魔法の力を消失させてしまうのです。



いや、この発想は、ほんとに凄い。
なんせ、100年の研鑽を無いものにした挙句、主人公を「戦い」から排除させてしまうなんて。
というか主人公がラスボスと「戦闘」すらさせてもらえないとは。
これもいままでの旅で育ってきた真・主人公たるミカゼが、そして最後に出てくる兄妹がいなければ出来ないことです。
しかしまあ、このときのティトォの指差す構図がなんともJOJOっぽいw
Image299.jpg



星のたまごを奪い、星の記憶を見ることで、星の存在変換をするかどうか、クゥ地自身の意志で決めようとします。 
そう、グリ・ムリ・アの命令ではなく、人形としてではなく、一つの生命として。
ですがこの間は無防備
刹那、間隙をついて飛翔してきたコルクマリーによってグリ・ムリ・アが斬殺されてしまいます。



キメエ

このときのコルクの1ページ使った狂気っぷりは異常。
っていうか最後の標的にカバデブを選ぶセンスが異常。
そして1ページ使って12本の斬撃によってグリ・ムリ・ア死亡。
数えにくいけど、たぶん12本あるはず。
なんか魔法器具が三つ編みした髪に結ばれてるんだけどいつ伸びたwww エクステンションか?

歓喜するコルクと対称にグリムをベースにした人格は崩壊し―
星のたまごに這ってでも触れようとするアクア、捕らわれたミカゼの体から出る命七乱月―
そして大地から生まれるもの―

そして時は2年後、二人の兄妹がミカゼとともに旅に出るところで話は終わります。

傷が増えてる
<小生意気そう
きっとこいつの右手はドリルになる

・ミカゼは、前髪が伸びて、少し影がある印象。はたして兄妹のいい兄貴分になっているでしょうか?

・まんまジャンクーアの息子。そしてその白い?髪はおかしすぎるぞ。それいぜんに最初は髪にも見えなかった。
・そしてその妹。おっそろしいアホ毛。額にはネジ。きっとこいつの右手はドリルになる。属性は螺じゃね?というか妹手甲か?(詳しくはMP20巻より)
・この兄妹を象徴するものが螺子だから4章の予告にもあった螺子はこの兄妹のだったわけだ。




そして物語は過去へ、伝説の女神と大魔王の時代の物語、0章のたるゼロクロイツが始まる・・・。


いや、別にんなの4章でやってくれよ!!
いやまあ過去編ってのはどんな少年漫画にもありがちなものだと思うのでそれはいいんだけど、まさか連載が独立するなんて考えもしないよ。

ちなみに作画は別の人で2?3年前に期待賞・奨励賞・特別奨励賞を各1回受賞した新人さんらしいです。
まあそんなにこんなのマテパじゃねえよ、とまでつっこめない。程度の違和感。
というか旧キャラ登場しないんだから、確かに土塚以外に書かせても問題はないけどさ。

結構前に言ってた新プロジェクトがゼロクロイツ、んで、そのために外伝伸ばして彩光少年も出すことになったと。
ほんとに土塚の立ち位置ってほんとに異質だと思う。


ちなみになんでバイオハザードを連想したかって言うと、バイオハザードのナンバリングタイトルの順番と同じだったから。バイオ1→2→3→(ベロニカ)→0→4
マテパは1章→2章→外伝→3章→0章→4章。 ベロニカと外伝除けば、まんまだからね。
そういや、単行本の表紙も発表になったけど(実際のデザインは微妙に違うけど)

清杉なんかずいぶん様変わりしたような

マテパImage296.jpg





ずいぶんとまあ、よくなったね。


むかしのと比べると、ようやく人目引く表紙になってきたような気がする。
まあカバーデザインの人もいる場合もあるから、いままで全部が土塚のせいではないだろうけど。

むかしの
在りし日の清杉


彩色はアシさんがやってそうだけど、どうなんだろう。
個人的にはとっと4章初めて欲しかったです。だって、始まるころには、おれもう社会人ジャン?そんなの嫌じゃん?





とりあえず宣伝

  • 2008/09/10(水) 19:41:47

今夜11時より「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のところの
ピッコロのらじお・ねとらじリアルタイム放送版に、時雄がゲスト出演するかもしれません。


だってまだアポと取ってないしね。

聞くときは上記のリンク先にある該当のURLをクリックしてください。

まあアニメについておしゃべりするだけです。

ラノベ簡易感想 境界線上のホライゾン?上

  • 2008/09/08(月) 16:04:10

というわけで、コミトレ行く前日というか当日の夜に(こういうとき24時間の書店は便利だなあ)フラゲした境界線上のホライゾン?上です


                  ホライゾン


あらすじ
川上 稔が贈る待望の新シリーズ、遂にスタート!
 各国により分割統治された中世の神州・日本。その上空を8隻からなる都市艦“武蔵”が航行していく――。
 遙か遠い未来。“重奏統合争乱”を経て、人類の命運を懸けた“聖譜”をもとに歴史の再現を行う国々。そして、さまざまな思惑と決意を胸に、未来を切り拓こうとする人々。
 重なり合う中世の世界を舞台に、学生達による学園国家間の抗争が始まろうとしていた!
 AHEADシリーズ『終わりのクロニクル』と都市シリーズの間の時代を描く、壮大な物語“GENESIS”シリーズ、遂にスタート!
(電撃文庫HPより抜粋)




前作終わりのクロニクルで新規読者を大量に獲得した川上稔氏の新シリーズです。
終わクロは買う時期を逃してしまったので図書館で借りたり立ち読みなんかで対処してたんで、今回はちゃんと最初からゲットしました。
ていうかね、

最初っから飛ばしすぎじゃねコレ?

これでもかという設定、設定、設定の嵐。確かにこれは担当編集も泣ける。
1ページあたりの文章密度もさることながら、1の上巻という位置づけなのに、540ページと山盛り。
最近の立ち読みでさらっと全容がわかってしまうラノベに慣れてきていた身にこれはキツい。
紙質のせいもあるけど、文庫で500超えると読みにくいんだよ、持ちにくいんだよ(汗

今巻は多様な登場人物の紹介と、世界観の紹介が中心の内容だったけど、密度が濃すぎて正直把握し切れていません。
終ワクロのAHEADと都市シリーズのCITYの間の話になるので、それぞれを要素の片鱗が見えます。
これを一回読んだだけで全部把握できる奴は重度の川上フリークス。

相変わらずギャグはぶっ飛んでますw
ふつうにエロゲとか言うなwww
もちろん熱いバトルもありますが・・・まあこっからさきはネタバレになるのであまりかけませんが、おっさん自重しろ。
主人公の影が今のところ馬鹿なだけで薄いですが、きっと下巻には活躍してくれることでしょう・・たぶん。

そしてイラストとの親和性が素晴らしい。
ラノベの文章とイラストの差異というのは、なかなかどうして発生しがちなものでありますが、終りクロの時と同様に、かっちりとかみ合っているんですよね、両者が。
カバー裏にもイラストや解説があったりと、もうほんとに凄い仕事してますよ。
そしてもう下巻が来月発売と発表されております。ということはもう書き上げてるわけですよ!

コレだけのことをやっておきながら、会社の通常業務と趣味のゲームやってるって言うんですから・・・睡眠時間いくらだ(汗

なおご本人作成のPVがあります。

halfyokoup.jpg

ニコ動にもあったのでついでにこちらも。



もはやライトノベルにあらず、これはヘヴィーノベルだw

今日はコミックトレジャー12

  • 2008/09/07(日) 03:18:19

今日は大阪の同人誌イベント、コミックトレジャー12が開催される日です。

私めも、一般参加として、ちょいと出かけてきます。

昨日はずっとテイルズ漬けで、サークルチェックなんてほとんど出来てませんが、というかカタログも当日分を買う気ですが、元々、唯一つ目当てのサークルさんが参加していたのでいくというだけで。


とはいえ、コミケよりは規模が小さいせいか、はたまた企業努力か、サークル参加者のリストがあったので、多少はチェックできました。
でも久々に新しいサークルさんの発掘が出来そうで楽しみです。

結構ビッグネームな方もやってくるんですね。びっくりデス。
始発なんて乗れそうにもないので、ゆっくり行こうかと思います。

ラジオ第8回

  • 2008/09/05(金) 21:55:57


電脳の空に響く声(ラジオ)第8回更新しました。

ヴェスペリアが面白くて更新どころではなかったけど、なんとか更新にこぎつけた。

というけ、ビッチ変更の部分が、完璧に失敗に終わってるのがもう最悪。
そして低い声も出せてない。

やっぱアドリブしゃべりは限界があるなあ・・・

今回は、コミケとマクロスFの感想と、あと、今後の活動について、少しだけ語ってます。

というか、大丈夫かこのラジオ・・・いつどこぞの機関から警告きてもおかしくないよね・・・

更新が滞ってます

  • 2008/09/04(木) 22:07:35

友人から借りた、テイルズオブヴェスペリアを突貫プレイ中。

他の事が手につきやしない(汗)


ゲームなんて一度やり始めると、他の事がほとんど手につかなくなるから困る。
だから一度やりだすまでがなかなか届かないんですけどね。

そういうわけで、さんざん更新すると言っていたラジオですが、
明日更新予定になります。

今週 の ルルーシュ

  • 2008/09/01(月) 01:09:22

超展開ってレベルじゃねーぞ!


と思いながら、面白いと思ってしまってもいます。


録画したのをさらっと見ただけなので、
正直Cの世界うんぬんについては全然わかってません。

ただ、皇帝とマリアンヌの考えは酷く独善的であり、無意識の集合体を取り除き、嘘のない世界を作るなんていうことは、ぶっちゃけ、全人類にリフレインをぶち込むのとなんら変わりないと思うのですよ。


そんなふたりを真っ向から否定して見せるルルーシュはこれまでと打って変わって熱血です。
嘘の中でも重ねてきた日々の真実は、彼をこの境地まで上らせたと私は考えます。

そして両目ギアス開眼で集合体に対してギアスをかけて、皇帝とマリアンヌを打倒・・・

この流れを見ていると、急にこの夫婦、すげー小物くさくなったよねwww

そして1ヵ月後、ルルーシュはブリタニア皇帝に、スザクはその騎士になっていると・・・

ほんと、超展開ってレベルじゃねーぞw
おまいら一ヶ月も何してたwww




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。