スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウソです

  • 2009/01/22(木) 01:57:54

オバマの演説感動したな。

 てめぇらずっと待ってたんだろ!?戦争の記憶を消さなくてもすむ、イラクの敵にまわらなくてもすむ・・・
 そんな誰もが笑って、誰もが望む最高なハッピーエンドってやつを。今まで待ち焦がれてたんだろ?
 こんな展開を・・・何のためにここまで歯を食いしばってきたんだ!?
 てめぇのその手でたった一つの大国を救って見せるって誓ったんじゃねえのかよ?お前らだって主人公の方がいいだろ!?
 脇役なんかで満足してんじゃねえ、命を懸けて祖国を守りてぇんじゃないのかよ!?
 だったら、それは全然終わってねぇ、始まってすらいねぇ・・・ちょっとくらい長いプロローグで絶望してんじゃねぇよ!
 手を伸ばせば届くんだ!いい加減に始めようぜ、国民!!

スポンサーサイト

音信不通になることは無いけど、ネット上での行動はよくわかんないよ?

  • 2009/01/20(火) 21:35:52


オフ会レポとか見てると、なんか「時雄さん、声量とか色々なんかやべー」っていうのをよく目にしますが、
これを鵜呑みにした場合、実際に聞くとたいしたこと無いこと請け合いです。
あと、そうやって褒めて(?)もらうと付け上がるだけですよ。えーそりゃもう。

最近は、やたら更新が不定期で、アクセス数もとうとう見限られた感じになってきました。
まあ、そんなことはどうでもよくは無いのですが、実際に更新する余裕がないのも事実です。
主に心情的に。
今後ともプライベートと絡んで、更新が途絶えることも多くなると思いますが、
たまに見たらひょっこり更新してるかもしれないので、よろしくお願いします。

さて、それでは告知です。

2009年4月19日(日)

土塚理弘作品オンリーイベント「凸缶。フェスティバル」開催決定


オンリーイベントこくち

詳しくは、バナー先で。
いろんな企画などもあるようです。

僕としては、kのまえ同人屋としてデビューもしましたから、ドラマCdを出したいところなんですが・・・
いろんな意味で無理そうです。

ある意味、凸缶。Fの本丸とも呼べる企画だけに、参加できなさそうなのは、大変悔しいですね。

そんな悔しさを背負って、これを見てる皆さんも参加しませんか?

戦闘城塞マスラヲ Vol.5 川村ヒデオの帰還 感想

  • 2009/01/16(金) 21:17:36


戦闘城塞マスラヲ  Vol.5 川村ヒデオの帰還 (角川スニーカー文庫 150-15)戦闘城塞マスラヲ Vol.5 川村ヒデオの帰還 (角川スニーカー文庫 150-15)
(2008/12/27)
林 トモアキ

商品詳細を見る



負け犬とウイルスの物語、堂々の完結―!!



4巻の書き下ろしのラストの超展開に生殺し状態のまま、待たされること半年以上・・・
ベールを脱げば、460ページと林トモアキ作品では最厚のボリュームで送られる最終巻。

表紙でテンションが上がり、中表紙で魅せられ、目次で悶え・・・
笑って、震えて、泣けて、熱くなれる作品なんてそうそうお目にかかれるもんじゃありません。


ぶっちゃけ最初っからクライマックスです。

もう言葉で取り繕っても陳腐な言葉しか出ないので、とにかくもう、全巻買って読めと。




それだけじゃああれなので一応。
前巻で失意のどん底の叩き落されたヒデオが、さらに打ちのめされ、そこから立ち直り、気づけばメンバーの中心になっているもんだから、これはニヤニヤせざるを得ない。
ウィル子はウィル子で、まさかこんな良キャラになるとは思ってもみませんでした。

で、主に敗退組みの話がメインではあるんですが、正規の聖魔杯のほうも、お・り・が・みでは叶わなかった魔王VS勇者の戦いも激熱。
どちらがどう間違ってるとかそういうのではなく、ただ信念のぶつかり合い。
そういう意味で行くとあそこで、みーこが負けるのは必然だったかもしれない。

とにもかくにも、オールキャストそろい踏みで、それぞれに見せ場が与えられてもいて、本当に面白かったです。

とはいえ、やっぱりこの物語で面白かったのは、なんだかんだ言っても、どこまでいってもヒデオとウィル子の物語という姿勢を崩さなかったところにあるんじゃないかと。
話の展開だけ凄まじくインフレしてるのに、結局ヒデオのやってることは終始一貫してるんだよね。そこが凄い。

やっぱ表題の「川村ヒデオの帰還」からラストまでの流れは、もう圧巻と言うか、凄まじいエネルギーに満ちているというか。
ヒデオがエルシアやみーこでさえ鼻で笑って、場の空気を支配してるとかもうね。

ちなみに初見は名古屋へ行く電車の中だったんですか、疲れてたってせいもあるんですが、

ごめん、泣いてた。(まあ二日前に大神で泣いてたやつですから)
それだけヒデオとウィル子に感情移入してました。

それでいて、誰もが今日よりもいい明日を行く、

これでもか言うほどの見事なまでの大団円。

ご都合主義といえばそうのだけど、それぐらいいじゃないって雰囲気をだせるって簡単じゃないですよ。

そしてあのエピローグ。

ラスト3行は間違いなく確信犯ですね、やられた。おりがみを見てたら、まずやられます。


そしてあとがきwww。

どうも絵師さんのブログを見る限り、マジな企画らしいですな。「ひでおアフタ?」


にしても・・・業を煮やしてドラマCDまで作った人間が言うのも何なんですが・・・




とっとアニメ化しろや

チラシの裏のメモ書き。

  • 2009/01/16(金) 20:12:06


ライトノベルの定義ってなんでしょうか?

これって未だに、曖昧なままですよね?
僕は「内容に関わらず、マンガ、アニメ調問わず、挿絵が入ってりゃ」ライトノベル。
と考えています。

ちょっと極論でしょうかね。

でも概ね、あってると思います。

大事なのは、その作品に、文字以外でビジュアルに一定の方向性を持たせるものの有無です。
これが少しでもあるならライトノベルに一括りできます。


どれだけ中身が軽かろうが、重厚だろうが。そんなものに関わらず、挿絵の有無で、ラノベに早変わり。

だからラノベに変なコンプレックス持つのはおかしいし、純文学に優越感を持つのもおかしいんですよ。







あともう一つ、〇〇ゲーについても。
ここからは内容的にR18の内容ですので、続きからどうぞ

続きを読む

ダブルオーのOPはなぜこっちにならなかったのだろう・・・

  • 2009/01/14(水) 15:37:34


ガンダム00の新OPには大変な不満を持っている私ですが、
ソウルイーターの新EDを差し替えたものを発見したので、ちと紹介。

差し替えといっても、少しだけシーンが前後しているのですが、このシンクロっぷりは以上です。

ほんと逆だったらよかったのに・・・


やばい鬱だ

  • 2009/01/13(火) 02:39:13

トイレの水周りがとつじょとして壊れました、なんか水が止まらないんです。なんだこれ。

応急処置はしたけど・・・素直に水道工事呼ぶにしてももう少しあがこう。


はあ・・・深夜にこれは無いだろうよ・・・

オフ会に行こう

  • 2009/01/13(火) 00:24:32

なんてタイトルつけやがる。

そんなわけで凸缶。FINALの初売り記念オフ会に行ってきましたよ。

凸缶。FINAL?ねこ、ありがとうございました?

参加者は、とりあえず一次会参加者の方は全員把握できなかったので、2次会のカラオケメンバーで表記します。

以下敬称略

堺屋ミナト
ソラミロうつけ(参加してないけどオフ会の主催なので入り口まで引率してくれたしね!)
バギ
よたく行幸
ゴン太
心太
TOM(たけふみ)
馬茶
少空
焔(たん)
(どこぞの)所長
N?FIELD

隣野 時雄

って感じです。

自分を特別扱いするな? はっ! 俺は俺と言う人生の主役ですから?(頭悪っ!


んで、時雄視点のオフ会なんで説明にかなりの偏りがあります。


以下ダイジェスト(記述の関係でかなり長くなります。)



続きを読む

ドラマCD製作日誌 その後 コミケレポ

  • 2009/01/08(木) 00:47:01

ものすっごい今更ですが、当日のレポをやろうかなと思います。

当日は6時40分ぐらいに起床。

友人とホテルで朝ごはんをてべてゆっくりしていけるとか、夢のようですね。

その後、カートにCDと、POP等をつめて、JR→りんかい線で国際展示場へ


8時ごろのこの時間帯の電車の中と言うのは、やはりサークル参加者が多いのか自分と同じくカートの人が多かったように思います。

んで駅で友人と別れて、ファルにゃんと合流。
久しぶりーとかわいわい言いながら、いよいよサークル入場列へ。
徹〇組を尻目にささっと入場できるというのは、というか自分がブルーチケット使って入るということがなんか不思議な気分でした。
しかし、それでもサークル入場者だけでも凄い数だと思いましたけどね。

まあよくとく考えれば多いのも当然なんですけどね。


それで、ファルさんは東館へ(アルェー?)僕は西館へ行きました。


やっぱ人が多いwww


そして自分のスペースに到着。
すでにお隣さんがいましたがまだ商品を持ってくる人が来ていない様子でPSPやってました。

そのあと早速設営開始。
こんなことでもいちいちドキドキしてます。


ってチラシ多いなあーーーーーー!! これだけで1kgぐらいあるんじゃないだろうか?

でもこれが実はPOPを立てるのに役立つとは、思いもしませんでした。


Image445~00


(以下1.12更新)

んで上が実際に作ってみた感じのスペースです。
この後更にMP3プレイヤーとヘッドホンを配置するのですが、ちょっとのその画像は、クタクタだったのでやめました。
(ちなみにスケブで色々書いて、ぱちさんのPOPの半分が見えなくなっていますが、これは下の方にヘタな字書いたのを隠しているからです(汗))

準備が終わった後、見本誌回収のスタッフさんが来るまで待ちます。
コミケに行く前日に、友人に「見本誌票持ってきた?」なんて聞かれて「なにそれ? おいしいの?」と素で返していました。
そのへんは、まあ色々あって事なきを得たわけですが、ちゃんとこれ頒布できるのって事で、見本を出すときはドキドキでした。

このあと、開場前の会場を回り、友人のところに顔を出したりしてました。開場前行列も見えたりして。


そしていよいよ、10時になって開場。ドキドキしながら拍手してました。

んでまあ、しばらくはお客さんは来ません。

まあ当然なんすよ。最初はまず壁、それから島って言うのは。
だからまあ最初30分くらいは黙って座ってました。
で、人が少しずつ島に流れてきたナーって感じのころに、立って呼び込みを開始しました。

「いらっしゃいませー、マスラヲのドラマCDでーす、試聴もできますので是非ごらんくださーい」
みたいなことを言ってました。
第1声はさすがに緊張して小さかった上にかすれてましたね。

でも徐々にそんなのどうでもよくなって、呼び込みです。
そのうち、隣のサークルさんも釣られるように呼び込みをはじめてくれたので、なおさらやりやすくなりました。

<1.12更新>

以下ダイジェストで。
なんかちらほら売れる→なんかうれしい→焔たんがやってきてなんと差し入れを頂いてしまう。→まさかの展開。→しばらくしてファルさん登場。だから買う量を自重しろと。→留守番をファルさんに任せて30分くらいトイレ休憩も兼ねて西ホールを散策。→東方M?1がすんなり買えてしまった。→空いているトイレを発見。盲点のかなあ?→スペースに戻る

↓ 

「あ、時雄っちが離れている間に結構売れたよー?」



・・・はぁ!?



おいおい・・・まてよ・・・時間単位じゃ、そんな売れる兆候無かったじゃんよ・・・
しかもなに? そのときに続編とかやらないのって聞かれたって?
ははは、いちばん聞きたかった意見やっちゅうねん。
とりあえず、今はどうするか未定です。
やるとしたら聖魔グランプリのエピソードかなあ?


その後ファルさんが戦利品をおいて、再び買いに走る。
この間、やつの戦利品を覗いて置けばよかったと後に後悔。


しばらく、そこそこのペースで売れていくCD。
過剰なまでに喜ぶ、俺キメエ。


少空さんと初遭遇。


かずひこ氏登場。よたくさんからの粋な年賀状を携えて登場。あざーっす。


とあるお客さんが凄い熱心に製作エピソードを聞いてきた。
何かナーと思ったら、こういった同人活動についての卒論を書こうとしている方だったようで。なんか取材証?見たいなのと大学名が書かれているカードをぶら下げてました。
参照してもいいですかと聞かれたような気がしたので、作品の中身について言及しなければって感じでこたえたような気がするけど、俺のなんて参考になりやしないって。


民谷リオさんが登場
よたくさんとこで告知しててよたくクオリティのジャケットだから来たとのこと。だったような気がしないでもない。東京行っている間はネットに繋いでいないので、その辺はよくわかりませんでした。
お名前は以前から伺っていたのですが、突然の来訪に、時雄は完全に思考停止。
こちらの頒布物をお買い上げいただいたあと、自サークルの頒布物を頂きました。
後に、あ、これがあいさつ回りかと気づき。
いや?まさか、自分とこにそういうのが来るなどとは、まったく予想していなかっただけに、失態でした。
んで、凸缶オンリーっていつやるの→うーん、春先か、ゴールデンウィークあたりかなあ?
なんてことを話しました。いや、そんなの僕が聞きたいですよって感じでしたよはは。


再びファルさんが戻ってくる。お前どんだけ買う気だ。


この間、お隣さんから2度もお菓子を分けていただいたり。昼ごはん用意してなかったので助かりました。


その後、ファルさんもいなくなり、再度呼び込んでみたり。


3時以降はまさに閑古鳥。媒体自体がマイナーなせいか、やはりよろしくないです。


んで我らが焔たんがまさかの……で4時になって終了。

終わりは少し寂しかったですが、初参戦の愚図にしてみれば、なんだかんだで結果は上々でしたよ。
絶対POPとジャケット効果だ、うん。
会場では、マスラヲと聞いてやってきました、という方や、水曜日のラジオのリスナーさん、あと試聴してくださった上で購入してくださった方もいました。
関係者様すべて、改めて感謝を。

こうして同人屋としての一歩を踏み出したわけですが、次はシュウカツです。
春先にはとあるイベントがあるのですが、そちらの方に参加できるかどうかは、微妙なところ。
もしそのひが面接とかぶったりしたら、せっかくスペース頂いたのに、空席と言う状況はよろしくないですからね。


とまあ、こんな感じでレポは終了。

お待たせしました。

ようやく他の記事をかけます。






  • 2009/01/06(火) 02:45:39

孫権も曹操も最高だわーってか、ボリューム多すぎだぜコンチクショー。


ただ、劉備、テメーは駄目だ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。