スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフタヌーン6月号 感想

  • 2006/04/30(日) 15:42:58

「げんしけん」
 
リアルオタク青春ライフもいよいよ来月号で最終回か。
引き伸ばしてる感はないし、ちょうどいいんじゃないのかな。
後半は人間ドラマのほうに(かなり)重点が置かれていったような。
まあ、それで終わりは見えてきてはいたんだけど。
げんしけんは、オタクをネタにしたオタクが好む自虐漫画でなくて、
登場人物がオタクであるという人間ドラマを描く作品でしたね。


「そんな奴ァいねえ!!」
続いてんなあ・・・最近見てなかったからちょっとわからないところもあるが、
・佐藤の毒講座
・相田家
・安原の波乱万丈
の三本柱で連載しているみたい。味をしめちゃったかな?

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

春日部という一般人が斑目に与えた影響っていうのは、結構大きいですよね。
無論オタクであることは変わらないんだけど、その中での変化というか

  • 投稿者: TOKIO
  • 2006/05/08(月) 22:58:08
  • [編集]

斑目の恋愛がうまくいってくれたらよかったなぁとw

  • 投稿者: あるてぃ
  • 2006/05/07(日) 23:57:34
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。