スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAMBOO BLADE 第31話「コジローと新たなる目標」 感想

  • 2006/05/03(水) 20:55:07

・そして告げられる宣告
再就職って・・・つらいよね

・扉絵
キリノとサヤ、そしてネコ。
バンブーのムードーメーカーの二人か・・・
煽りが「悩み多きお年頃」ってなってるけど、サヤはともかくキリノは悩みなんてなさそうなんだが、そこらへんどうですか、みなさん(誰に聞いてる)

・未知数の才能
当初は単なる数合わせとダン(栄花団十郎)とミヤミヤ(のバカップル)だが、実はかなりの素質を秘めていることが判明(特にダン)
・・・となると、マジな試合ではダンのデフォルメは解除されるのかもしれない。

・優等生軍団
1学年390(2年は400人)人中 キリノ20位 ユージ4位 ダン(驚愕の)2位

なんだこいつら、ありえねえw

うん、タマちゃん疲れてる

うおっ!?なんだこのボケボケタマちゃんは。めっさツボなんですけどw

・そして動機は寿司から生活へ
なにやら奥様連合のせいでクビになりそうなコジロー。これコミカルな描写だからいいけど、実際はかなりえげつない・・・
全国目指す理由としては、練習試合のとき同じで、不純っちゃあ不純なんだけど、切実さは段違いだし、部員たちもことのほかやる気あるし、いい感じだ。
なんかバンブーでは清杉ではやれなかった「まじめな」全国大会をやろうとしてる感があるな。

・バイト中のタマの前に現われたこの人物は

十中八九(まちがっていやだから伏字)外山だろうな。


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。