スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の マテリアル・パズル 感想

  • 2007/05/12(土) 23:55:16


いや、ラストのマリーデッサン狂ってるつーかバランスつうか、足長っ!!


はい。というわけ5月の感想です。

続きは追記より

個人的には、実はそんなに燃えなかったラストバトル。
いや、それというのもミカゼの魔法陣決勝が熱すぎたせいなんですけどね。
あとは、コルクマリーが登場してから以降は、バトルバトルの連続で、展開こそ遅いもののロードムービーみたいに次々シーンが移行していったので、あんまり感動する間もなかった。

第122話 最強の一撃と最高の一撃
アダさんに豆電球(笑)

つーかドルチルは何やってんだwww

仙里算総眼図発動で、もはや勝負はMPティトォのものに。
だがアダさん乱入で(ちゃんとドルチルの眼がアダさんの刺青になってますね)
ヨマのリミッター解除で捨て身の一撃・・・


ここでグリンが突撃ですよ!!

上では感動しなかったとか、燃えなかったとか言うことかいてますけど、

さすがにゴッドマシン暴走の下りは燃えた。つーか感動した。

自分の知らない眠っている間の時間・・・人知れず別れを繰り返す。

メルルシアさんは、ゴッドマシンに乗っているグリンに少し気づいたみたいな描写があったけどどうだろう。
歴代最強の潜在能力のグリンのことだから、メルルシアさんも魔力が高かったに違いない。

モルガンは亀でした。

ゴッドマシンにより、ティトォの伸ばした腕を取るグリン。
過去から呼び出されたであろう「穿印」。

仲間の想い確かにそこにあった絆、さまざまな因果をめぐり、繰り出されたティトォのグリンの「穿印」による最高の一撃・・・!

これにより、バトルは勝敗を決しました。
そして、アダラパタがヨマを切り捨てることで、ティトォたちの完全勝利が決定した。


第123話 ティトォとパーティーの招待状

第2章ラストへの伏線回。
ここですごいと思ったのは、グリンが眠りに落ちるところ。
普通ならシリアスですで済ますところをギャグでやってのけたからねw
つーかこのときのグリンが可愛すぎる……!!

そして女神の国。
五大石は三大神器の安定のためか。デュデュマに対しても効果あるのかね。

何気にアダさんがミカゼを名前で呼んでます。
これ、本編では初めてじゃない?
ようやくアダさんにも「敵」と認められたか。

にしてもジャンクーアは三大神器をして三十指最強か。
コルクマリーが先に接触して第3勢力化するのかなあ。

どっちにしても相手戦力を考えると、MPティトォだけでは心許ないから、何かしらのテコ入れはまだありそう。

来月は2章ラストで新章プロローグか・・・バレットの魔法はどうなった。


とりあえず打ち切りは回避できたみたいですね!!


ほっと一息です。というか作者の一言コメントが潔すぎるぜ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。