スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 TV版 大雑把感想

  • 2006/05/27(土) 23:12:32

原作は一応「憂鬱」と「消失」は読了。

今自分が住んでる地域ってのが、また微妙な田舎で、この作品は、相当広い地域で見られるはずなのに見られない、という状況だったのであれだったんだが、この度ようやく視聴できたんで、とりあえずの感想を。
(そこ!小説の時間稼ぎとか言わない!!)

実は、元々この作品は食わず嫌いというか、なんとなくとっつきにくかったわけだ。その理由ってのが、原作のイラストが「いとうのいぢ」でハルヒ役の声が平野綾 長門役が天上天下で棗亜夜役を茅原 実里 ってことでかなりの食わず嫌いだった。(いとうのいぢに関しては、なんとなく自分がマイナー志向であることが原因 平野綾に関しては生理的に声が苦手 茅原 実里に関しては棗亜夜の演技がハンパなく浮いてたので嫌いの一だったから)

でもネット上の評判がすごくいいし、友人も結構薦めてきたわけで、実際に視聴してみることに。


面白いじゃねえか

いや、何事も食わず嫌いはいかんですね。
とにかく絵が動く動くw。 クオリティが全編通して高いのなんのって。
で、中身がないかって言うとそうではなく、豊富なパロディなどの遊び心も満載だったり。
またキョン役の杉田智和氏の演技がすげえいい味出している(個人的に大ファンである声優さんの一人だ)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。