スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ、戦いは終わらない。

  • 2008/04/22(火) 18:18:02

今日、夕方のニュースを見ていましたら、光市母子殺害事件の最高裁差し戻しの2審判決の報道がありました。

<光母子殺害>元少年に死刑判決 裁判長は新供述「不自然不合理」、情状「斟酌する理由みじんもない」

結果は無期懲役→死刑ということに。

あくまで高裁なので、弁護団は上告して、最高裁へ移行することになります。
結果としては、被告側の新供述が裏目に出てしまったというものでこれにより情状酌量の余地を失くしました。
怖いですね。だって、次の裁判でもし死刑が覆ってしまったら、もはや、やり直しは効かないのですから。
それ以前に、高裁の判決がおかしいってんで、最高裁へ行かず、差し戻しでの判決だから、上告が棄却される可能性も大きいのか。

もう9年です。いや正味10年か。小学生が高校生?大学生に、中学生ならとっくに働いているような時間です。
正当な手段で被告に対して裁きを与えるのが、どれだけ困難で、時間と金を消費させるのか、まざまざと見せ付けられます。
そして裁判が終わるまで、終わった後でさえ、被害者家族には深い傷跡を残すでしょう。加害者親族も被害者ですね、社会的に。
少年法、死刑制度に一石を投じるこの問題にもようやく決着が近づいてきました。

9年のという長い月日を重ねた、本村さん。もういい加減、彼を休ませてあげたい。。

そして、自らの行いをまったく省みない強姦魔に正当なる裁きを。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。