スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦闘城塞マスラヲ Vol4「戦場にかかる橋」 感想

  • 2008/08/03(日) 22:05:03

戦闘城塞マスラヲ  Vol.4 戦場にかかる橋 (角川スニーカー文庫 150-14)戦闘城塞マスラヲ Vol.4 戦場にかかる橋 (角川スニーカー文庫 150-14)
(2008/08/01)
林 トモアキ

商品詳細を見る


自称一巻の時点で一寸先は闇だったアドリブ小説もとうとう残すところあと一巻
目付きが悪い善良なヒキコモリのなりあがりストーリーもいよいよ佳境です。

最初の「露天の錬金術師たち」は連載では最期のネタ回でした。
元々3巻のカラー絵のモテフラグと言うのはこの話にかかっていました。
錬金術師の少女に、全身鎧姿のパートナー・・・そりゃ鋼の?ともいいたくなるね。
でも実際はアトリエwww。武装したりもしないwww
しかもこのアトリエは明らかに旧3部作のザールブルグだよなあ・・・判る奴いるのかwww?
さすがにヒデオのモテ話ということで女性陣が多目です。
でもヒキコモリ特有の冷静さから素直に喜べないのが哀しいところ。実際その通りですしねえ。
あと、エリーゼがいいキャラしてる。終盤に関する労働に対する講釈はさすがニート小説と思ったwww(違っ

次の4巻のサブタイトル「戦場にかかる橋」で連載時よりかなりの加筆修正が加えられていました。
もうソレはもう前半がある意味別物?になった具合で。
好感度によって美奈子ルートが追加されたかのようだったw
美奈子の活躍が増えている成果、巻頭の登場人物紹介の枠にも美奈子が復活していました。
この話はヒデオの評価がストップ高になる話でしたね。ここまでの大立ち回りはもはやヒキコモリとは思えませんw

がその次の夢の終宴では
まさにストップ安。
鈴蘭VSヒデオの新旧主人公対決はやはり前シリーズ主人公の貫禄勝ちといったところでしょうか。 
ギャグを混ぜながらどたぱたしながらも、力ずくで勝利をもぎ取るところはさすがといったところか。
一方のヒデオはメッキが剥がれ落ちて、後半の彼の心情は見ていて非常に痛々しい。
ウィル子がいい子すぎるというのもまた泣ける。
もはや電子ウイルスではない、立派な電子の精霊ですね。
ヒデオもここまで落ち込む必要もないと思うけどね。強さをどこにおくかということでかなり変わると思思う・・・

そして衝撃展開の書き下ろし、game is over.to the... に続きます。
このレナがアルハザン側の人間であるかなーとはうすうす思っていましたが、まさかここまで病んでるキャラで、ヒデオに対しては半分ブラフだったとは。
アルハザン側の反応は正直逆恨みもいいところ。アーチェスもエルシア並みの長生きの癖してみぬけなかったのかよ。
クロスフラッグスでの敗退者がわずか3組と言う異常性とアルハザンの計画感づいているエルシアにしてみれば、確かにおもしろくなるのもううなずけます。
もうすっかり美奈子はヒロインですね。立ち位置としてはサブですが、一時期のハブッぷりからすれば
大昇格ですね。
そしてラスト、ヒデオのピンチに今までの対戦相手が駆けつけるとこなんて、お約束ながら、燃えざるを得ませんねw


そして魔眼王、と電神の伝説フラグwww。
ヒデオにも謎の声が聞こえたり、真に未来視は実在することを思い知るという記述から、ガチで未来視フラグがたってますね。
まあそれすらもあと付けの張ったりっていうのが望ましいな。
ウィル子はグレイが登場したことで、量子コンピュータのフラグが立っています。
元々パワーとデータがあれば、万能の存在をなりうるので、これは期待。

あと一冊でまとめ切れるのか、トモアキを信じるしかありません。
できれば400ページ以上で!

あーしかしこれ2ヶ月以上待たされるのは、やっぱ生殺しだよなあ・・・就活の真っ最中じゃないか・・・


まあ何度でもいおうかな、終盤の展開はマジで読者殺しといわざるを得ないでしょう。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

>モモスケ
おまえ、いいこと言うな!!
ソレいただきだ。

  • 投稿者: ときお
  • 2008/08/04(月) 01:39:51
  • [編集]

逆に考えるんだ

就職活動のお供に、マスラヲ最終巻

  • 投稿者: モモスケ
  • 2008/08/03(日) 22:25:46
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。