スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MPコラム ちょ、お前ら落ち着け(手前も落ち着け)

  • 2006/08/16(水) 15:55:25

みんあ、ただいま。

しばらくネット環境がないので、ネカフェから更新だよ

熱さだけで言えば、MP最高峰ともいえる御風VSチョーの魔法陣決勝。
冷静になった今の感想は、「非常にもったいないバトルだった」という感想が出てくる。

そんなこんなで、問題点を挙げようかと思う。

・ その1 尺の短さにおける御風の描写不足。
これは、御風の「皆からいろんなものをもらった俺が?」って言う台詞の問題。
この台詞に至るまでに、アクアやシシメといった面々の過去の回想(といっても1コマ)が出てくるのだが、これが問題なのだ。
そう、この台詞をもっと重いものにするためには、メンバーが足りない。

なんといってもまず、ティトォが足りない。
TAPの中でも一番の主役格であり、同時にバトルにおいてはパートナー関係だった彼だ。
というかこの場に彼が居ない時点でおかしいのだが、なぜかその代わりに居るのは
アビャクだったりする。
よほど、作者に愛されているのか知らないが、もし彼を登場させた意図が「戦った敵との戦いもミカゼが得たもの」であることをあらわしたいのなら、少なくとも御風が体を張って戦った、ガシャロ、エイキは登場させるべきだった。
 あとは、仲間であるリュシカ、グリン、ジール・ボーイもちゃんと出して欲しい。
ネクバーパ船長を出してるんだったらさw

魔法陣は、それ自体は禁断魔法争奪戦という世界の命運をかけた戦いではあるのだが、物語の第2章としてみると、実はターニングポイントに過ぎない。
 むしろ、ボスを2人も控えているこれからが、真の禁断魔法争奪戦であり真のメモリア攻防戦なのだ。

 その2 最後の一撃
 せっかくの一撃、省略はしないで欲しかった。
少年漫画におけるこの最後の一撃というやつは、迫力にあふれ、バトルの終焉を示す、読者に強い印象に残すものなのだ。
 まあ、これも尺の短さに寄るものだったりするのだが。

 その3 細かい部分
・ シシメの一人称がワシ→私になっているとか、
・ 画竜点睛の更なる奥義ってなんだったんだとか、
・ シシメの「地に置いた脚から?」の回想のあとには「焔弧」って言って技出せとか
特にシシメの一人称。
シャルロックのときの変更はまだいいんだ。日が経ってるから。
でもシシメなんて、先月号の時点で「ワシ」って言ってるぞ。
あんまりノリで描くのもよろしくないぞ?(写植の張り間違いという可能性もないわけではないけどさ)

まあこんなところだろうか。
いや、初見ではマジで震えたし、熱かったしで大満足だったんだけどね。
やっぱ何回も見てると粗が出てくるわけですよ。

そんなわけで、ぜひコミックス化の際には、ミカゼの最後の一撃を見開きで追加してくれ!!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。